バター、おひとり様一個まで

ちょっと前からニュースになっていたことですが、最近、本当にバターが亡くなってきましたね。

私の行っているスーパーでも、ついに販売数の制限が始まりました。

そもそもなぜバターが足りないのかというと、酪農家が減ってきているからですよね。

第一次産業は天候や災害によって生産量が変化するものなのに、それらの被害から酪農家を守ろうとする制度がちゃんと機能していないんだと思うんです。

農水省が乳製品メーカーに「メーカーには社会的責任として家庭用バター生産に取り組んでもらいたい」と言ってましたが、自分たちの責任はどうなんだと。


今は海外からの輸入品に関しては、政府が管理しているから、
安いものに押されて国内産が売れなくなって倒産する、という事態は避けられているのですが、これが解禁になったらどうなるんだろう。

第一次産業は命にかかわるものなんです。
日本が海外に輸出している機械系は、日本で生産できなくなったからって命に直接かかわらないけど、
日本の第一次産業が衰退して海外輸入に頼らないと行けなくなって、
もし海外で飢饉が起きて食料が入ってこなくなったらどうなるのか。

TPPはそういう事も考えた上で参加してほしいですね。